リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >日本に住むときの手続き

入国(にゅうこく)在留(ざいりゅう)帰化(きか)

外国人(がいこくじん)は 日本(にほん)に ()たとき、 出入国しゅつにゅうこく審査しんさ()むときの 在留手続(ざいりゅうてつづき)など、いろいろな 申請(しんせい)や 書類(しょるい)を ()します。 入国(にゅうこく)在留(ざいりゅう)は、出入国しゅつにゅうこく在留ざいりゅう管理庁かんりちょうの サイト(さいと)を ()ます。

入国(にゅうこく) : 外国人(がいこくじん)が 日本(にほん)に ()ることです。

在留(ざいりゅう) : 外国人(がいこくじん)が 日本(にほん)に ()んでいることです。

入国(にゅうこく)

外国(がいこく)から 日本(にほん)に ()たとき、旅券(りょけん)査証(さしょう)(ビザ(びざ))を ()て、日本(にほん)に (はい)ることが 出来(でき)るか 調(しら)べます。

在留(ざいりゅう)

在留(ざいりゅう)する 外国人(がいこくじん)は、日本(にほん)に ()む 理由(りゆう)や 期間(きかん)を (まも)ります。日本(にほん)に ()む 理由(りゆう)などが ()わったときは、(ちか)くの 出入国しゅつにゅうこく在留ざいりゅう管理庁かんりちょうに ()います。

帰化(きか)

外国人(がいこくじん)が 日本人(にほんじん)に なることを 「帰化(きか)」と ()います。帰化(きか)の 申請(しんせい)は、(ちか)い 法務局(ほうむきょく)に ()います。

帰化(きか)のとき)

  • 相談(そうだん)
  • 法務局(ほうむきょく)に 電話(でんわ)で ()きます。月曜(げつよう)から 金曜(きんよう)の 8()30(ぷん)から 午後(ごご)5()15(ふん)に 相談(そうだん)します。 申請(しんせい)するとき 必要(ひつよう)なものを ()きます。

  • 申請書(しんせいしょ) (帰化(きか)の 申込書(もうしこみしょ)
  • 申請書(しんせいしょ)は 法務局(ほうむきょく)に ()きます。必要(ひつよう)なものは (ひと)によって (ちが) います。そして たくさん あります。
    申請(しんせい)するとき 用意(ようい)するものは、行政書士(ぎょうせいしょし)に (たの)むことが できます。そのとき、お(かね)が いります。

  • 申請(しんせい)
  • 帰化(きか)する (ひと)が 申請(しんせい)します。ほかの (ひと) は だめです。
    帰化(きか)する (ひと)が 15(さい)より (わか)いときは、法定ほうてい代理人だいりにん(おや)や 後見人(こうけんにん))が 申請(しんせい)します。

    後見人(こうけんにん) : (ひと)を (たす)けて、世話(せわ)をする (ひと)

  • 調査(ちょうさ)
  • 申請書(しんせいしょ)を ()した (あと)法務局(ほうむきょく)が 調査(ちょうさ)します。帰化(きか)する (ひと)や (まわ)りの (ひと)を 調(しら)べることが あります。

ページの上に戻る
トップページ >日本に住むときの手続き
©2021 Tokyo Intercultural Portal Site