リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >緊急災害時の対応

地震(じしん)

(1)地震(じしん)の (まえ)

日本(にほん)は 地震(じしん)が (おお)いです。

① 地震(じしん)のとき ()って ()く (ふくろ)リュックりゅっくサックさっく

  • (ふくろ)に 地震(じしん)のときに 大切(たいせつ)なものを ()れます。

リュックサック(りゅっくさっく)に ()れるもの

  • 懐中かいちゅう電灯でんとうに つ 電灯でんとう)・あたらしい 電池でんち
  • 携帯けいたいラジオらじおちいさな ラジオらじお)・あたらしい 電池でんち
  • 携帯けいたい電話でんわの 充電器じゅうでんき携帯けいたい電話でんわに 電気でんきを おくるもの)
  • ライターらいたー
  • む みず
  • べもの(かんたんに べることが できるもの)
  • ヘルメットへるめっと
  • 軍手ぐんて(てぶくろ)
  • るもの(下着したぎ・くつした
  • タオルたおる
  • ウェットうぇっとティッシュてぃっしゅ
  • ビニールびにーるぶくろ
  • 使つかいすてカイロかいろ
  • ペンぺんと メモ帳めもちょう
  • 救急きゅうきゅうセットせっと
  • パスポートぱすぽーとコピーこぴー在留ざいりゅうカードかーどコピーこぴー

貴重品(きちょうひん)大切たいせつなもの)は いっしょに ()れます。

  • かね
  • 通帳つうちょう・はんこ
  • いつも んでいる くすり・おくすり手帳てちょうんでいる くすりの 記録きろく
(みず)は 1人ひとり  1(にち) 2~3(りっとる) 必要(ひつよう)です。

② 日常備蓄(にちじょうびちく)(ふだんからの そなえ)

  • (おお)きな 地震(じしん)のとき、 電気(でんき)ガス(がす)水道(すいどう)道路(どうろ)が 使(つか)えなくなることが あります。
  • ()べるもの、生活(せいかつ)に 使(つか)うものを (おお)く (いえ)に ()いて おきます。
  • (ふる)いものから 使(つか)います。
  • (おお)きな 地震(じしん)のとき (いえ)に あるものを 使(つか)って 生活(せいかつ)します。

③ 部屋(へや)の (なか)

  • 部屋(へや)の ドア(どあ)の そばや 廊下(ろうか)や 階段(かいだん)に ものを ()きません。
  • 家具(かぐ)の (うえ)に (おも)い (もの)や こわれる ものを ()きません。
  • 家具(かぐ)テレビ(てれび)パソコン(ぱそこん)ステレオ(すてれお)は (あぶ)ないですから とめます。
  • 家具(かぐ)の (うえ)の ものも とめます。
  • 耐震(たいしん)シート(しーと)を 使(つか)います。

④ 火事(かじ)に しない

地震(じしん)のときの 火事(かじ)は とても こわいです。

  • 電気(でんき)の 道具(どうぐ)は コンセント(こんせんと)から プラグ(ぷらぐ)を ぬきます。
  • 石油(せきゆ)ストーブ(すとーぶ)は ゆれたとき、()が ()えるものを 使(つか)って ください。
  • 石油(せきゆ)ストーブ(すとーぶ)には (かなら)ず 灯油(とうゆ)を 使(つか)います。
  • ガスコンロ(がすこんろ)や ストーブ(すとーぶ)の (ちか)くに もえるものを ()きません。

⑤ (いえ)の (そと)

  • (あぶ)ない 屋根(やね)や アンテナ(あんてな)が ないか、()ます。
  • プロパンガス(ぷろぱんがす)の ボンベ(ぼんべ)を とめます。
  • ベランダ(べらんだ)の 草花(くさばな)や ()の (はち)は ()ちない ところに ()きます。

⑥ 避難(ひなん)場所(ばしょ)()げる ところ)

  • 避難(ひなん)場所(ばしょ)は (いえ)の (ちか)くに あります。家族(かぞく)が ()く 避難(ひなん)場所(ばしょ)を 調(しら)べます。
  • 地震(じしん)のとき、電車(でんしゃ)や バス(ばす)が ()まる ことが あります。 (いえ)まで (ある)くことが あります。 (いえ)までの (みち)を 調(しら)べます。
  • 帰宅(きたく)支援(しえん)ステーション(すてーしょん)には (みず)トイレ(といれ)などが あります。 帰宅(きたく)支援(しえん)ステーション(すてーしょん)の 場所(ばしょ)を 調(しら)べます。
ページの上に戻る
(2)地震(じしん)の とき

① (いえ)の (なか)に いるとき

  • (おお)きく ゆれているときは (うご)きません。
  • (つくえ)や テーブル(てーぶる)の (した)に (はい)ります。
  • (はい)る ところが ないときは クッション(くっしょん)や ものを (あたま)の (うえ)に ()きます。
  • 地震(じしん)が ()わったとき、ガス(がす)や ストーブ(すとーぶ)などを すぐ ()します。火事(かじ)が ()きないようにします。
  • 地震(じしん)のとき、ドア(どあ)が (ひら)かないことが あります。 すぐ ドア(どあ)を ()けます。
  • ガラス(がらす)が ()れるときが あります。(あぶ)ないですから、部屋(へや)の (なか)でも (くつ)を はきます。
  • (おお)きい 地震(じしん)の (あと)、 (ちい)さい 地震(じしん)が ()きます。()をつけて ください。

② (そと)に ()げるとき

  • (いえ)を ()る (まえ)に ガス(がす)の 元栓(もとせん)を ()めます。
  • 元栓(もとせん) : (いえ)の 全部(ぜんぶ)の ガス(がす)を ()めるもの

  • 電気(でんき)の ブレーカー(ぶれーかー)を ()ります。
  • (そと)へ ()るとき、エレベーター(えれべーたー)を 使(つか)いません。階段(かいだん)を 使(つか)います。
  • (ある)いて ()げます。 (くるま)や オートバイ(おーとばい)や 自転車(じてんしゃ)は 使(つか)いません。
  • 地震(じしん)のときの (ふくろ)リュックサック(りゅっくさっく))だけ ()って ()きます。

緊急(きんきゅう)地震(じしん)速報(そくほう)

  • 震度(しんど)5 以上(いじょう)の (おお)きい 地震(じしん)が ()るとき、 テレビ(てれび)や ラジオ(らじお)や 携帯(けいたい)電話(でんわ)で (おし)えます。
  • 緊急(きんきゅう)地震(じしん)速報(そくほう)を ()たときは すぐに 自分じぶんの からだを まもります。

③ (そと)に いるとき

  1. a. (いえ)の そばに いるとき
    • (もん)や へいは (あぶ)ないですから、(ちか)くに ()きません。
  2. b. (まち)の (なか)ビル(びる)が ある ところ
    • (まど)の ガラス(がらす)や いろいろなものが ()ちて、(あぶ)ないです。 (あたま)の (うえ)に かばんや (ほん)を ()きます。
    • 公園(こうえん)や (ひろ)い ところへ ()げます。
    • 自動(じどう)販売機(はんばいき)電信柱(でんしんばしら)()れた 電線(でんせん)は (あぶ)ないですから、(ちか)くに ()きません。
    • がけや (かわ)も (あぶ)ないですから、(ちか)くに ()きません。
  3. c. (たか)い ビル(びる)の (なか)
    • エレベーター(えれべーたー)は 使(つか)いません。 階段(かいだん)を 使(つか)います。
  4. d. 地下(ちか)に いるとき
    • かばんや ()て いる (ふく)を (あたま)に ()きます。
    • 地震(じしん)が ()まってから、出口(でぐち)に ()きます。
    • 出口(でぐち)に (おお)くの (ひと)が ()ますから、()をつけます。
  5. e. エレベーター(えれべーたー)の (なか)
    • エレベーター(えれべーたー)が ()まります。 エレベーター(えれべーたー)を ()りて、階段(かいだん)で ()げます。
    • エレベーター(えれべーたー)が ()まらないときは ボタン(ぼたん)を 全部(ぜんぶ) ()します。 ()まったとき、すぐ ()りて、階段(かいだん)で ()げます。
    • エレベーター(えれべーたー)の ドア(どあ)が (ひら)かないときは、非常(ひじょう)電話(でんわ)非常(ひじょう)ボタン(ぼたん)非常(ひじょう)ベル(べる)で (そと)の (ひと)に (おし)えます。
    • ほかの (ひと)が ()るまで ()ちます。 自分(じぶん)で ドア(どあ)を ()けません。
  6. f. 電車(でんしゃ)の (なか)
    • (あぶ)ないですから、つり(かわ)や ()すりを ()ちます。
    • 電車(でんしゃ)が ()まったとき、自分(じぶん)で 非常(ひじょう)ロック(ろっく)を ()けて、(そと)に ()ません。
    • 電車(でんしゃ)が ()まったとき、(まど)から ()ません。
    • 運転手(うんてんしゅ)の ()うことを ()きます。そして、(しず)かに (そと)に ()て、()げます。
ページの上に戻る
トップページ >緊急災害時の対応
©2021 Tokyo Intercultural Portal Site