リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >緊急災害時の対応

(きゅう)病気(びょうき)(おお)きい けが

(1) 救急車(きゅうきゅうしゃ)を ()

(きゅう)な 病気(びょうき)や (おお)きい けがで (うご)けません。そのとき、電話(でんわ)で 「119」を かけて、救急車(きゅうきゅうしゃ)を ()びます。

携帯(けいたい)電話(でんわ)も 大丈夫(だいじょうぶ)です。

そのとき、つぎのことを ()います。

  1. ① 救急(きゅうきゅう)です。
  2. ② 「(くるま)に ぶつかりました。(うご)くことが できません」など。
  3. ③ ○○()()) ○○(まち) ○○丁目(ちょうめ) ○○(ばん) ○○(ごう)です。
  4. ④ 名前(なまえ)は ○○です。
  5. ⑤ 電話番号(でんわばんごう)は ○○○○の ○○○○です。

救急車(きゅうきゅうしゃ)の サイレン(さいれん)が ()こえたとき、(そと)へ ()て (おし)えます。

  • 保険証(ほけんしょう)や 病院(びょういん)の カード(かーど)を ()っていきます。
(2) 自分(じぶん)で ()くとき

(かる)い けがや 病気(びょうき)のときは タクシー(たくしー)や (くるま)で 病院(びょういん)へ ()きます。

(3) (よる)や (やす)みの ()に 病院(びょういん)へ ()くとき

よるや やすみの に てくれる 病院びょういんが あります。 わからないときは、つぎの ところに 電話でんわをして ください。

ページの上に戻る
トップページ >緊急(きんきゅう)災害(さいがい)()対応(たいおう)
©2021 Tokyo Intercultural Portal Site