リビングインフォメーション

外国人のための生活ガイド 東京都国際交流委員会

トップページ >くらしの情報

自動車・バイク・自転車

自動車を運転するには、運転免許が必要です。

自動車

国際運転免許証

  • ジュネーブ条約締結国等が発行し、同条約に定められた様式に合致する国際運転免許証があれば、日本で運転できます。
  • 国際運転免許証で運転できるのは、日本に入国した日から最長1年です。
  • 入国後1年以内に国際免許証の有効期限がきた場合は、その日までとなります。

外国運転免許証

  • スイス、ドイツ、フランス、ベルギー、エストニア、モナコ、台湾の運転免許証は、日本語の翻訳文を持っていれば、日本に入国した日から1年間運転できます。
  • 翻訳文は、それぞれの国の領事機関、または日本自動車連盟(JAF)のものに限られています。

日本の免許への切替

  • 外国の有効な運転免許証を持っていて、その免許証を取得してから3か月以上その国に滞在していたことが証明できる場合は、日本の運転免許証への切り替えができます。手続きは、住んでいる都道府県の運転免許センター・運転免許試験場などで行います。
  • 有効期限を過ぎると免許は失効します。忘れずに更新の手続きをしましょう。

  • ※運転免許手続に関する案内
    運転免許テレホンサービス 受付時間:音声ガイダンス24時間受付
    電話:03-3450-5000、042-365-5000

    English Guide
    電話:03-5463-6000、042-334-6000

住所が変わったときは

  • 住所が変わったときは、手続きが必要です。運転免許証と新しい住所を証明するもの(在留カードなど)を持って、転居先の警察署または運転免許試験場で手続きをしてください。

運転免許の停止や取り消し

  • 交通事故や交通違反をおかした場合、運転免許を停止されたり、取り消されることがあります。
  • 酒気帯び、酒酔い運転の処分は厳しく、運転していた人だけでなく、車を貸した人やお酒を出した人、一緒に乗っていた人も罰せられます。

車検

次の場合、もよりの陸運局に届け出てください。また、一定の期間ごとに車の検査(車検)を受ける必要があります。

  • 自動車や大型バイクを買った場合、売った場合、廃車にする場合
  • 持ち主の住所が変わった場合
  • 持ち主の名前が変わった場合

車庫証明

  • 自動車の登録には、車を置く場所があることを証明する「車庫証明」が必要です。車庫所在地を管轄する警察署に申請してください。

自動車保険への加入

  • 自動車保険には、必ず加入しなくてはならない自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と、加入するかしないかを選べる任意保険があります。
  • もしも事故などを起こしてしまったときのため、任意保険にも加入しておくことをおすすめします。

外国語版「交通の教則」の販売

  • JAFでは日本の交通ルールをわかりやすく説明した外国語版「交通の教則」を販売しています。
  • 電子書籍版は、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語の4言語で、各版1冊880円です。
  • 製本書籍版は、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語の4言語で、各版1冊1,430円です。
ページの上に戻る
バイク・自転車

中型バイク、原付バイク、自転車の登録

  • 中型バイクは陸運局で、原付バイク(スクーター)は区市町村の役所で登録します。
  • 自転車は自転車販売店で防犯登録をします。

運転のルール

  • バイクも自転車も小回りのきく便利な乗り物ですが、交通規則を守って安全に運転しましょう。
  • 特に自転車は、子どもからお年寄りまで、誰でも気軽に利用できますが、車の仲間であることを忘れないようにしましょう。

自転車と道路

  • 自転車は自動車と同じく左側通行です。
  • 自転車は車道の左端を一列で走ります。ただし、自転車が通行できる標識のある歩道や自転車専用の道路は通行できます。
  • 車道を走ることが危険な場合も歩道を通行することができますが、歩道では歩行者が優先です。歩いている人の邪魔になる時は、一時停止、または自転車から降りてください。

バイク保険への加入

  • バイク保険には、必ず加入しなくてはならない自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と、加入するかしないかを選べる任意保険があります。
  • もしも事故などを起こしてしまったときのため、任意保険にも加入しておくことをおすすめします。

自転車保険への加入

  • 2020年4月1日から、自転車保険への加入が東京都の条例で義務付けられました。
  • 加入しなくても罰則はありませんが、自転車事故の加害者に高額の賠償金を命じられるケースが増えています。もしものときに備えて、加入しておくことをおすすめします。

放置禁止区域

  • 駅前など、放置禁止区域内(標識で表示)に自転車やバイクを置いておくと、保管場所に移されます。
  • 自転車やバイクを保管所に移された場合、1か月以内に保管所へ引き取りに行ってください。
  • 引取りの際には、身分証明書と撤去保管費用が必要となります。
高速道路

日本では、高速道路を走るには通行料を払わなくてはなりません。料金所での料金の受け渡しの手間を省き、渋滞を改善するために、料金所で止まらずに自動的に料金を支払うETCというシステムが導入されています。利用するにはETCの車載器を車に取り付け、ETCカードを入れる必要があります。料金所にはETC搭載車専用のレーンもあります。

高速道路を走るときは、長時間運転することも多いので、事故を防ぐためにも、ときどき休憩を取りましょう。高速道路にはいくつかのサービスエリア(SA)があり、トイレ、ガソリンスタンド、売店、レストランなどを利用できます。地方のサービスエリアでは、その地域の名物料理を味わう、名産品を買うといった楽しみもあります。高速道路以外でも、国道沿いなどに「道の駅」と呼ばれるサービススポットがあります。

東京から地方へ向かう高速道路のほかに、都内を走る首都高速道路があり、こちらも通行料が必要です。首都高速道路は自動車専用で、目的地まで信号などで止まることなく行けますが、時間によってはかなりの渋滞が起こります。渋滞情報などでよく確認しましょう。
また、首都高速道路への歩行者、自転車、125cc以下の二輪車の立入は禁止されています。東京の都心部を走る首都高速道路には、出入り口であることがわかりづらい場所もありますが、誤って入らないようにしましょう。道路標識の見落としのほか、酒に酔って立ち入ってしまったり、スマートフォンのナビアプリを自動車モードで使用していて進入してしまうケースが増えています。過去には死亡事故も起きていて、大変危険です。十分注意してください。

ページの上に戻る
トップページ >くらしの情報
©2021 Tokyo Intercultural Portal Site