東京都板橋区で味わうアメリカの味

1.JPG板橋にある「東京エールワークス」のタップルーム

受賞歴のあるビールやおいしい軽食が楽しめる洗練された雰囲気のお店をお探しなら、板橋にある「東京エールワークス・タップルーム」がおすすめです。

板橋駅からほど近い静かな住宅街で異彩を放つこの店は、明るい店内とテラス席の双方で、居心地のよい時間を過ごすことができます。

2.JPG軽やかでモダンな店内

店内は明るく、自然が感じられるトーンに統一されています。アメリカの影響を受けている点にもご注目。古めかしいピンボールマシンや本物のプレッツェル・ウォーマー(プレッツェルを温める機械)が置かれているほか、洋服などのグッズも販売しています。

 

定番の醸造ビール

3.JPG「東京エールワークス」のロゴマーク

このタップルームは冷えたビールと高さのあるハンバーガーで有名ですが、ほかにも「ピザ・ポット・パイ」や「モルトチキンウイング」などのメニューに加え、さまざまな種類のコーヒーや軽食が揃っています。母国のビールの味を日本に持ち帰りたいと考えた、東京に住むビール好きの2人のアメリカ人が、このお店を創業しました。

4.JPG店の入口

2人は「クラフトの進化だけではなく、改革を」をモットーに、隣接する醸造所でオリジナルのビールを作っています。タップルームの壁には、芸術的に描かれた醸造過程(粉砕、糖化、煮沸、発酵、熟成、ボトリング)が。来店の際に運がよければ、ガラス越しに醸造の様子を見られるかもしれません。

 

受賞歴のある東京生まれのビール

このタップルームには、権威ある日本地ビール協会による「ジャパン・グレートビア・アワーズ2020」で賞を獲得した4種類を含む、自慢のビールが多数あります。

5.JPG

多数の受賞歴があるタップルームのビール。

「フラゴン・フィラーESB」と「バック・トゥー・ベーシックス ザ・アイリッシュレッド」の2種類が、それぞれのカテゴリーで金賞を獲得。また、オレンジとパイナップルがほのかに香り、ライ麦の香ばしさと複雑なホップの風味が感じられる深紅のビール「ザ・ホップさむライ」が、銀賞を受賞しました。

軽くてさわやかなアメリカンスタイルのビールがお好みなら、銅賞を獲得した「ジュニアーズ・クリームエール」がおすすめです。かすかな麦芽とホップの特性を持つこのビールは、ニューヨークに古くかるある醸造所の製法から着想を得て作られたもの。ビールの名前は醸造責任者が彼の父を思って名付けたそうです。

6.JPGさまざまな種類のクラフトビールのほか、ビール以外の飲み物も揃っています

そのほか人気のビールには、アメリカンスタイルのIPA(インディアン・ベールエール)である「ベイビー・ゴット・ホップス」や、"典型的なドイツビールにクローブとバナナの風味がやさしく加わり、クリーミーでありながらドライなボディーが味わえる"と評される「新宿ヴァイス」、日本のペールエールである「抹茶JPA」などがあります。

7.JPG

アメリカンIPA「ベイビー・ゴット・ホップス」のハーフパイント。

どれにすればよいか決められないという方も大丈夫。小さなグラスで4種類のビールが楽しめるテイスティングセットもあります。すぐに好みのビールが見つかりますよ!

 

風味豊かなフードメニュー

8.JPGスウィート・チリ・サワークリーム・バーガー

東京エールワークスのハンバーガーは、まさに"インスタ映え"の逸品。パテの上には、イベリコ豚のチョリソーにモッツァレラチーズ、スイートチリソース、サワークリームが堆く積み上げられ、さらに定番のレタスやトマト、ピクルス、オリーブが加わります。そしてブリオッシュのバンズが、タワーのように高く重ねられたこれらの具材を挟みます。

このハンバーガーを食べきってもまだおなかに余裕があるという方は、日本人の定番おつまみをアレンジした「スーパー・ガーリック・ケイジャン枝豆」を試してみてはいかがでしょう?タップルーム一押しのおつまみです。

ほかにも、ビールのお供にピッタリのソーセージの盛り合わせや、タップルームオリジナルのビア・プレッツェルもあります。お店の隅にあるプレッツェル・ウォーマーの中で温められている黄金色のプレッツェルを見たら、思わず食べたくなってしまうでしょう。

 

すばらしいサービス

お店のスタッフはフレンドリーで、あなたの好みや食事に合うビールをすすめてくれます。ほとんどのスタッフは日本語と英語の両方で、注文や質問に答えてくれますよ。

 

買いたくなる!お土産

9.jpg

いろいろな種類のビールと、さまざまなグッズが売られています。

タップルームに来たら、店内にある小さなショップに立ち寄ることもお忘れなく。ビールをテーマにした気の利いたTシャツや、「東京エールワークス」のオリジナルハイボールグラスのほか、ハーフパイントのビアグラスなども販売されています。「GrowlerWerks(グラウラー・ワークス社)」の高品質ステンレススチール製のビアサーバーを購入することもできますよ。

店内の壁には、販売用の多種多様なビールで埋め尽くされた冷蔵庫が備わっています。東京をテーマにしたオリジナルビールを含め、さまざまな嗜好に合うビールが取り揃えられています。試しに「代々木・レイジー・ヘイジーIPA」や「六本木・ヘイジー・ナイツIPA」を飲んで、その味と街のイメージを確認してみましょう!

 

さまざまな好みに合うお店

10.JPG

心地のよい店内とテラス席のあるタップルーム。

屋外で静かにビールが楽しめる場所をお探しの方も、印象的なハンバーガーで食欲を満たしたいという方も、いろいろな種類の新しいビールを味わってみたいという方も、東京エールワークスへ行ってみましょう。板橋駅から徒歩でたった5分の場所にあり、東京都心から簡単にアクセスできます。東京エールワークスのタップルームでは、日本にいながらアメリカの雰囲気が味わえますよ。

Tokyo Aleworks Taproom (東京エールワークス・タップルーム)

〒173-0004東京都板橋区板橋1-8-4

https://taproom.tokyoaleworks.com

この記事は、ルイーズ・ローソンが執筆しました。


*この記事は、2020年10月15日に東京都国際交流委員会が運営していたLife in Tokyoに掲載したものです。